<< スクールホリデーその2 スクールホリデーその1 >>

第3回わんぱく塾

このホリデーのわんぱく塾が無事に終わりました。

おとといは補習校で午前に5歳以上の子向けの部、午後はちょっと大きい子向けの部、そして今日はTitirangiの部。

今日はニュージーランド時間の11時に、バヌアツ沖でマグニチュード8の地震が起こり、オークランドにも津波警報が出ていました。West Aucklandには3時から4時の間に津波が来るからビーチには近寄らないでください、とのPablic Noticeが出たそうです。まさにビーチ際に立っている今日の会場のTitirangi Beach Hallで行うのはちょっと危ないだろう,ということになり、お母様方の協力で別の会場をお借りすることになりました。

そんなすったもんだがあった本日のわんぱく塾。
両日とも、またまた楽しいワークショップになりました!

f0021873_21311551.jpg

みんなで作った色とりどりのぶくぶく入浴剤。




今回のテーマは「身近な食品でぶくぶく入浴剤をつくろう」と「手作り石けんに挑戦しよう」。
どちらも、化学反応を応用したものです。

第一日目の補習校。
午前は34名の子ども達が来てくれました。
はじめにお湯の中にこれから作る入浴剤を入れるとどうなるか、みんなで予想してみます。
「おゆのなかで“とける”ー!」
「おゆがしろくなるー!」 
という元気な答えが。
そして、入れてみると、、、ぶくぶくぶく〜!泡が吹き上がりました。
うわぁ〜・・・という歓声。
そして5・6人ずつのグループに分かれて早速作ってみました。
Pukekoさんに教えてもらったグリセリンで固める方法を、今回は身近な食品ということでオリーブオイルに変えてチャレンジ。

説明を真剣に聞き、その通りに自分たちでそれぞれの粉をボウルにいれ、どんどんと作業を進めていくみんな。
しばらく会わないうちにまた成長しているようです!
あまり手を貸すこともなくどんどんやっています。すごいすごい!
そしてオイルをたらしてカップにレモンの皮を入れ、型につめてぎゅーぎゅー押し固めます。
あっという間に2つ作ってしまいました。

お次ぎはタツさんの「わんぱくプラコプター」。
とっても簡単に作れるのに、遊んでみるととってもおもしろい!
みんな見よう見まねで上手にちゃちゃっと作ってしまいました。
できあがった子から外の広場で空に向かって思いっきり飛ばして遊びました。
ピョーンと飛んで、落ちてくる時にくるくるくるーと羽がまわってきれいです。
いいね、いいねぇ〜
※この回の写真はほとんど撮れませんでした・・・

そして午後はちょっと大きな子達7名と石けん作り。
石けんを作るためには苛性ソーダという劇薬を使わなければいけません。
この苛性ソーダは水に溶かすと水酸化ナトリウムになり、熱を持ち100℃くらいまで上がります。その上、目に入ると失明することもある危険な薬品。
注意を良く聞いて、大人の人と一緒に慎重に計って慎重に水に溶かしました。
水酸化ナトリウム溶液が冷めるのを待つ間、今度はシリンダーを使ってオリーブオイルを分量通りぴったり計ります。
これが以外と難しい!
初めてmLを知った子も、上手に計ることができました。
f0021873_21513597.jpg



そして、冷めた苛性ソーダ水とオリーブオイルを合わせてとろみがつくまでとにかく混ぜ続けます。
根気のいる作業でしたが、みんなもくもくと一生懸命かき混ぜていました。
混ぜている間、あるお母様が「ステキな色!全部オリーブオイルでなんて贅沢ですね。マルセイユ石けんみたい。」とおっしゃってくださいました。
最近、オリーブオイルだけで作るマルセイユ石けんというのが日本で流行っているそうです。
(そっかぁ!じゃあみんな流行の最先端だね!)
そして、とろみがついてきたところでそれぞれのコンテナに流し込んでココアやFood coloringを使って思い思いの色を付けて完成しました。

f0021873_21565693.jpg

f0021873_21573698.jpg

40分ほどひたすら混ぜ続けます。いい石けんができるように、という一心で、みんな疲れながらも一生懸命です。


そして二日目の今日。
地元の方の善意で、教会のカフェの場所をお借りして行いました。
ここでも入浴剤とプラコプター作り。
10週間ぶりのみんなはやっぱりちょっと成長して大人になっていました。
みんなで「えいごみち」をしてちょっと遊んだ後、やっぱり入浴剤を入れるとどうなるか予想します。
「あおくなるー!」「ぶくぶくなるー!」と補習校の時とはちょっと違う答えが返ってきました。
そして入れてみると・・・ぶく。ぶく。ぶく。(水にいれたので、ゆっくり泡立ちました。)
にこーっとして目もきらん、と輝くみんな。
f0021873_226565.jpg



そしてやっぱり説明を聞いて作り始めます。
どんどん、どんどん、説明通りに進めています。
すごいすごい!グループで協力してもう自分たちで作っちゃっています。成長したなぁ〜・・・
そして、補習校の時はなかなか自分から入れなかった凛も、今回はグループに入れてもらって一緒になって作ることができました。(娘も成長したなぁ!)

f0021873_2281253.jpg
[
みんな肩を寄せ集めて仲良くまぜまぜ、こねこね。

そして今回はカップの底にレモンの皮とラベンダーの花を入れて、好きな色を入浴剤につけてみました。
f0021873_22113291.jpg


その後プラコプターを作ってみんなで飛ばして遊びました。
f0021873_22122138.jpg




たった2時間の時間の中では、みんなとじっくりとお話することができず、
時間が足りないなぁ!というのが本音です。
もっと時間があれば、もっとみんなとゆっくり関われたのになぁ・・・とそれが少し残念でした。

でも、子ども達がニコニコしてもの作りをし、
できあがったものを見て満足そうに、大事そうに眺めてたり、
作ったもので楽しそうに遊んでる姿を見れただけで、
今回も私たち夫婦にとって至福の時間でした。

そして、
説明を聞いてその通りに作ったり、
自分なりに「こうしたい!」と思っていろいろ工夫したり、
2回目からは覚えてしまってどんどん自分の力で作れたり・・・
そんな様子を見ながら、前回からまたさらに成長したなぁとしみじみ感動しました。

やっぱりみんなのそんな姿はまわりの人を元気にしてくれるなぁ。
楽しい時間をどうもありがとう!


*****************************
わんぱく塾を終えてから、うれしいメールをお母様方に頂きました。

夕食より先にお風呂に入って入浴剤を試し、ぶくぶくーと出てきた泡に大喜び。
そして、ついでにお庭のハーブも入れてハーブバスにし、わたしものんびり楽しめました。
というご家庭。
そのご家庭では、その子は今日はハーブの名前のリストまで作り、明日はお兄ちゃんとハーブのことを研究するのだそうです。そして明日もハーブバスに入るそうです^^

またある子は、自分で作ったプラコプターを今日はお友達のおうちに持っていき、いつも携帯してくれているとのこと。

みんなでやったことをきっかけにして、興味が出たことを今度は自分でどんどん工夫してみたり、やってみたりする。
そして、自分で作ってみた物に愛着を持って大切にし、そのものに関心がわく。

私たちが願っていることが、みんなにも届いているということが本当にうれしいです。
メールでうれしい報告をくださったみなさま、ありがとうございました!


ちなみに、私は小さい頃からずっと理科が不得意でした。
浮力や溶液の濃度の計算、化学記号の丸暗記や、力学の問題・・・
いつも自分の生活と何の関係があるんだろう!と現実味のないこれらの問題をちんぷんかんぷん、いやいや勉強していました。

でも、タツと出会って星の砂や沖縄の海のこと、実験の楽しさを聞いて理科に対する見方が変わりました。
そして、わんぱく塾で取り上げるテーマを二人でいろいろ調べるうちに、実は私たちの生活は科学でいっぱいだということにやっと気がつきました。
重曹やお酢とかレモンの皮で汚れが落ちるのも、石けんが油からできるのも、プラコプターがくるくるきれいにまわるのも、実は全部科学的なこと。
そんなことを子ども達にも楽しみながら知ってもらいたいな。

今日は偶然にも地震が地球のどこかで起こった日でした。
今回はみなさんからの参加費をまずはサモア地震の援助金として寄付させてもらおうと思います。


素晴らしいホリデーの思い出をまた一つありがとうございました。
そして、またまたお手伝いくださったゆかPさん、T美さん、そしてお母様方、
今回もどうもありがとうございました。

また次回、さらに成長しているみんなに会えるのを楽しみにしています☆

今回行った入浴剤と手作り石けんのレシピをこちらにのせています。

入浴剤と重曹&クエン酸活用法
手作り石けん

活動の様子もこちらから!

よろしかったらご覧下さい。
[PR]
by DaiyaAO | 2009-10-08 22:43 | わんぱく塾
<< スクールホリデーその2 スクールホリデーその1 >>