<< 思い出の赤ふんどし 砂場 >>

天然酵母

最近、わたしがはまっていること。
天然酵母のパン作りです。

アレルギーチェックで小麦が出ていたので、これまではなるだけ食べないようにしていたのですが、もともと大のパン好き。
ちょっと肌の調子もよくなってきたし、子ども達も米粉パンには飽きちゃった様子。
わたしもやっぱりパンが食べたいです。
だけど乳製品と卵は変わらずダメなので、このホリデーに天然酵母に挑戦してみました。

f0021873_22235435.jpg




わたしが参考にしたのは、中島デコさんの本。(→マクロビスイーツのレシピもかなりおすすめです!)
これまで数回ネットで調べて挑戦した時は、酵母もうまくできず、「種つぎがどうの・・・」というのが難しそうで、ちんぷんかんぷん。
理解できないままやってみたのでまったくうまくいかなかったのですが、デコさんの作り方でやってみると、とっても簡単。1回目から大成功!
見事に膨らみました。

f0021873_22255086.jpg

初めて焼いた天然酵母のパン。クープがうまく切れずにぎざぎざの見た目になってしまいました・・・


天然酵母は自然の酵母なので、とっても安心です。
おまけに材料はレーズンや果物、野菜や穀物。それに小麦粉と塩くらい。
たったこれだけでパンになります。
乳製品を使わなくてもパンが焼けるのがうれしい!

そして、イーストとの違いは発酵の時間。
自然の力で発酵させるので、長い時間かかりますが、少々時間にルーズでも失敗が少ないそうです。
だから私向き。今のオークランドの気温だと8時間くらい発酵させるといい感じに膨らんでいます。

そして焼くと匂いが全然違います。
小麦粉の匂いが部屋中をただよって、とってもいい香り!
食べてみてももちっとして、味があります。
そしてまったくイースト臭くありません。(イーストを使っていないので当たり前ですが・・・)
一度食べると病み付きです。

f0021873_22331177.jpg

私の実験コーナー(!?)。
右からこうぼっち(玄米、リンゴ、ニンジンの酵母)、初日のレーズン酵母、4日目のレーズン酵母。そして奥には石けん用のバラの花びらのオイル漬け。



f0021873_22355879.jpg

生地は寝る前にこねておいて一晩発酵させます。そうすると朝には膨れています。これはこねたあとの夜の生地。


f0021873_22372812.jpg

朝起きると約2倍に膨れています。(茶色い点々はレーズン酵母のレーズンです。)


f0021873_22384775.jpg

手前はレーズン酵母で焼いたシナモンロール。奥はこうぼっちで焼いたホールミールのプチパン。ちょっと焼きすぎた様子。。。


レーズン酵母は酵母にしたレーズンまで丸ごと使えて、甘みのあるパンができます。
こうぼっち(デコさんオリジナル)は、使った分また家にある果物や野菜をすってビンの中に継ぎ足して一晩常温においておけばまた増えて作り足しができます。
ぬかと同じく、毎日かきまぜて呪文をかけるのがいいそうです。(魔女のように・・・)

凛も琉生もよく食べる!
わたしも凝り性なので、3日おきに作っています。
天然酵母にくわしい友人曰く、発酵の時間や焼く温度と時間などでできあがりが違うそうです。
奥が深いパン作り・・・
まだまだ修行が必要です。。。

今、かなりはまっています。
[PR]
by DaiyaAO | 2010-02-09 22:49 | 手作りのもの
<< 思い出の赤ふんどし 砂場 >>