<< 「14ひきのあさごはん」 心の友 >>

好転反応・・・?

わたしの今の一番の悩み・・・それは手あれの痛みです。
もう2年ほどできたり引いたりが続いていますが、今回はとても長引き、夜おふろから上がって体が温まると、ベッドに入る頃にはかゆくてたまらなくなり、ついつい掻いてしまって次の日にはその掻いたところから汁がでてしまい、痛みが増していたりします。

そもそもの始まりはいわゆる「主婦湿疹(手湿疹)」だったと思います。凛を出産してさらに水仕事が増え、手の皮脂がなくなって洗剤などの化学薬品をバリアーできなくなったところにぽつぽつと湿疹ができた、というのが最初でした。特に冬がひどかったので(こちらは冬は湿気ているはずなのに。。)、いつもその時期にGPにいって「これはeczemaだね」と診察を受け、ステロイドの少し入った保湿剤をもらってとりあえずそのときを乗り切る、という感じでした。

でも、琉生の出産前にとても悪化してしまい、出産直後のバースケアではあまりにも夜かゆくて眠れないので氷をもらって冷やし冷やしかゆみをおさえていたほどです。退院後ももちろんそれが続き、授乳とかゆみ&痛みで眠れない日々。
ちょうど凛が体調をくずしたことと、琉生に質のいい母乳のをあげたいと思ったのもあって、完全なマクロビオティックの食事法に切り替えたのが3ヶ月前。

その間に琉生が体調不良のときに湿疹が出てしまい、eczema(アトピー)と診断されたのもあって、ここ数ヶ月、家族みんなの体と食べ物のつながりについて深く考えさせられています。
それと同じ時期に、わたしの手あれのひどさを見て、ナチュラルセラピストの勉強をされている知り合いの方が、最終学年の実習を兼ねて「診察してあげるわよ。」と言ってくださいました。

f0021873_14212697.jpg
おかみが親方に本を読んであげているのだそうです。(親方、一応喜んで聞いています。)




このナチュラルセラピーとは、(日本で言うとなんになるのでしょうか・・・)カウンセリングを通して患者さんの食事や余暇の過ごし方、これまでの病歴などをチェックし、その病気を治すために必要なもの(こと)、不必要なもの(こと)などを加えたり排除したりしてライフスタイルから見直し、必要ならハーブや薬草などの自然のものを配合した薬、またはホメオパシー、マッサージなどで治療しながら、自然治癒力を高めて病気を治していくというものです。GPでの決まりきった「これはeczemaだね。」という診察ともらえるステロイドをあまり信用できなくなっていたわたしにとっては、まさにぴったりのタイミングでした。
こんな医学が確立しているなんて、さすが自然とともに生きるニュージーらしいなぁと感動してしまいました。

そして3週間前、初めてのカウンセリングをしてもらい、マクロビオティック中心の今の食事を「それはDaiさんのその手にはとてもいいことだわ!」と言ってもらい、安心しました。(「普通の患者さんなら、“これは食べない方がいい、という制約の方が多くなるのだけど、あなたの場合はそれがなくて感動したわ、、、」とお褒めのお言葉も・・・)
ただ、自分でも一つ気になってるのが、どうしても甘いものを食べたくなること。今は果物やおいも、マメ類をお菓子のかわりに間食してるけど、果物も体を冷やしてよくないそうです。(アトピーには冷えが大敵だそうです。)果物を食べる変わりに、パンプキンシードやナッツ類(ピーナッツ以外)、野菜や玄米にしたらもっとよい、とのこと。本当に、雑穀食の動物のようです...
そして、その食事を続け、プラスこのような手のeczemaにはflaxseed oil(亜麻仁油)で体内から油分を採り、水分も多めに採ることを心がけ、ビタミンA(ニンジンなど)を良質の油(オリーブ油、flaxseed oilなど)と一緒に採る、ビタミンB(1〜12)をまんべんなく採る などを心がけると改善すると思うわ、とのことでした。そして洗剤をいっさいやめて手に優しいもの(こちらのecoやecovarのもの)に全て換えるのがいい、ということでした。実際、わたしは今では固形せっけんでも手にしみるので、体や髪も無添加の石けんでちょこちょこっと洗う感じです。。もちろん、食器はアクリル毛糸のたわしで洗剤なしでゴム手袋で洗っています。(でも、ほとんどは優しいタツがお皿洗いをやってくれています。)

ちなみに、手のかゆみは体内、体外からの刺激物によるものだそうです。砂糖、精製された白いもの(小麦粉、白砂糖など)、添加物や化学調味料、また脂身の多い肉類や卵、乳製品などが手湿疹にもよくないのだそうです。(これは違う本からの情報ですが・・・)

そのお知り合いの方がわたしの状態にあった塗り薬を自分でハーブなどで配合して作ってくださいました。今はそれをこまめに塗りながら様子を見ています。

が、症状は治まらず(もちろん、即効性がないのがあたりまえなのですが)、逆にひどくなっている気がして「やっぱりマクロビにこだわってるからよけいいけないんじゃないの?」とタツにも心配されていたのですが・・・

最近、あまりにも痛いのでウェブで調べていたら、食事を換えて数ヶ月すると主婦湿疹などがばーっとでてひどくなるが、この手あれの箇所からこれまでの体内にたまった悪いものが出ていて、これはいわゆる好転反応。それが出切ってしまえばすーっと治る、というのを読み、ちょっと期待しています。

ちなみに、診察の結果、私の場合、睡眠やストレスも多いに関係しているそうで、(自分では感じていないストレスもあるんでしょうか。。。)確かに夜ゆっくり眠れた日は、次の朝痛みが和らいでいます。皮膚は寝ている間に作られているんですものね。
そう思えば今の夜中授乳で起きなければならない私の今の手の状態は納得です。
できるだけ家事は手を抜いて(→これはもう充分!?)夜は二人と一緒に早々と寝ることにします。

おまけに、最近は顔や首にもかゆみのある湿疹が出ていて、洗顔用の石けんも化粧水類も使うのをやめています。(その間にきっとどんどんしわ、たるみになってくんでしょうね・・・こわいこわい・・・)
これもアトピーの一種なのでしょうか。

琉生のeczemaと同じ時期に出ているわたしの手と顔のeczema。何か関係があるのかもしれません。それくらい、母乳をとおしてお母さんと赤ちゃんってつながっているのかも・・・
こちらには自然の力で病気を治そうという意識の高い方が周りに多く、とても勉強になっています。とにかく、どれも完治するには時間がかかるでしょうが、根気づよく食事に気をつけて体の中から治したいと思います。

f0021873_1651836.jpg


トリートメントの診察で知り合いが作ってくれたクリームと診断票。5枚ほどの丁寧なレポートに感激しました。
[PR]
by DaiyaAO | 2008-10-12 15:17 | わたしのこと
<< 「14ひきのあさごはん」 心の友 >>