<< アレルギーチェック 3つの贈り物 >>

アドベント〜待降節〜

キリスト誕生を祝うための準備期間となるアドベント(待降節)が昨日から始まりました。
このアドベントは、クリスマスの4週間前の日曜日から始まるそうです。
わが家はキリスト教ではありませんが、クリスマスまでを子どもたちと一緒に心待ちに、穏やかにそして楽しんで過ごしたいな、と思います。

そこで、今日は凛と二人でクリスマスの飾りを作って遊びました。
f0021873_2233561.jpg
凛と一緒に作ったフェルトボールの雪と、凛作成の2つのクリスマスリース。リースは「へびさん!」といって羊毛を巻いて遊んでいたのを輪にしてリースにしました。




シュタイナーでは、宇宙は4つの世界で成り立っており、この4つの結びつきをとても大切にしています。
アドベントの時期は毎日一つずつ、それぞれの世界からの贈り物がやってくることになっています。

第1週目は鉱物界から石や貝殻、半貴石(クリスタル)が、
第2週目は植物界から木の実やこけが、
第3週目は動物界から羊毛でできた動物や鳥の羽が、
第4週めは人間界から蜜ろうや羊毛で作られたマリアとヨセフ、羊飼いとコインが。

そして、それらはアドベント・カレンダーの中に託され、子どもが毎日カレンダーを開けていき、出てきた物を一つずつ大切に飾っていきます。そして、クリスマスの朝にイエス様が誕生するまでのお話がその飾った物からわかるようになっています。こうして自分の周りにある宝物を感じていくそうです。

f0021873_22214776.jpg本当は、今年は自分でこのアドベント・カレンダーを作ってみたかったのですが、時間がなくて断念・・・
シュタイナースクールのママさん方が作られたものを買ってみました。


f0021873_22204717.jpgクルミとリボンでできていて、このクルミをリボンから外すと中からそれぞれの宝物が出てきます。


f0021873_2224872.jpg最初の日、クルミの中から出てきたのは小さな人と蜜ろうキャンドルでした。


f0021873_22245946.jpg毎日ちょっとずつ、増えていくのを凛もとても心待ちにしているようです。
クリスマスの日には、どんな宝物がそろうのかな?


大人のわたしでもわくわくするクリスマス、子どもにとってはそれは楽しいでしょうね。
小さい頃、わたしも一年で一番好きな時期でした。
お日様がまぶしい時期の夏のクリスマスも、なんとなくいいな、と思うようになってきました。

今年はどんなクリスマスになるかな?
[PR]
by DaiyaAO | 2008-12-01 22:32 | シュタイナーのこと
<< アレルギーチェック 3つの贈り物 >>