<< とうちゃんのいない夜 アドベント〜待降節〜 >>

アレルギーチェック

約1ヶ月前、引っ越しの作業がピークの、ちょうどジャパンデーの頃、私の体に異変がありました。
急に首と顔にじんましんのようなかゆみの強い湿疹が出てしまい、赤黒く腫れてしまいました。見るも無惨な姿。。。
薬はあまり飲みたくないので数日様子をみていたのですが、どうしてもかゆみが治まらず、眠れない日々。
結局タツに連れられ、しぶしぶとGPへ行きました。
そこでanti histamine(抗ヒスタミン剤)をもらって10日ほどかかってなんとか落ちつきました。
引っ越し、ジャパンデーでのお仕事など疲れがストレスとして出てしまったのでしょう。

いつもお世話になっているナチュラルセラピストのDr.Nさんにこれを相談してみたところ、わたしは以前から続いている手あれのこともあるし、やっぱり何かのアレルギーなのかもしれないから、アレルギーチェックすることをおすすめするわ、とのこと。
今回は一緒に琉生、凛もやってもらいました。
その結果が今日出て、Dr.Nさんにいろいろと説明を聞いてきました。

f0021873_20575936.jpg
最近の流行はヨガ。




わたしの手あれ、食べ物に気をつけ、睡眠も十分に取り、規則正しい生活を送っていると少し調子がいいのですが、どうも無理をしたり、眠れなかったりすると次の日は指の関節が切れて水がしみたり、甘いものや刺激のあるものなどを食べると寝る前に異常にかゆかったりします。
まだまだ完治するまでは時間がかかりそうです。

琉生はというと、引っ越しして以来、肌の湿疹も少し引いてきました。
まだ眠くなると首や耳の後ろを掻いたりしていますが、前よりはいいようです。
ただやっぱり私が食べたものによって湿疹がひどくなったりしています。

また、凛はその日食べたものによって感情をコントロールできないときがあり、泣きわめく度合いがひどいのが気になっていました。


今回やってもらったアレルギーチェックは、髪の毛で調べるもので、血液検査やパッチテストより食品や添加物、洗剤などの種類まで細かくわかるそうです。
そして、このテストの利点はまだ実際に食物を口にしていない赤ちゃんでもはっきり出てくるということです。
離乳食の始まっていない琉生でも、何にアレルギーがあるかわかります。
おもしろいのは、添加物の種類や着色料の番号(何色なのか)、洗剤の種類、その他アレルゲンになりそうなもの(何の花粉か、どの動物の毛か、ガスの種類)などが、どのくらいの度合いで反応するのかがわかるそうです。

結果はallergy、strong intolerance、intolerance、sensitivityの4段階で出てきます。

幸いアレルギーのものはなかったのですが、

<strong intolerance> (そのものを採り続けるとアレルギーになる可能性があるもの。4ヶ月は除去して抗体を作る。)
わたし・・・ カンジダ(皮膚にできるカビ菌)、カビ、ダニ、乳製品
凛  ・・・ 乳製品
琉生 ・・・ ダニ、乳製品、オレンジ

<intolerance> (摂取すると刺激を受けるもの。3ヶ月除去し様子を見る。その後は最低4日に1回の摂取にする。)
わたし・・・ 白砂糖、小麦、黒こしょう
凛  ・・・ カビ、インゲン豆
琉生 ・・・ MSG(味の素)、キウィフルーツ、大豆

<sensitivity>(弱い刺激を受けるもの。2ヶ月は除去する。)
わたし・・・ マッシュルーム(椎茸を含む)、大豆、MSG、チョコレート、レーズン、
       パプリカ(トマト、ジャガイモ、なす、ピーマンを含む)、レシチン、コーヒー、
       たまり、添加物(E221/E223)、化学合成洗剤、農薬、洗濯洗剤
凛  ・・・ キウィーフルーツ、添加物(E221/E223)、ビーナッツ、大豆、MSG、羽毛、
       LPGガス、ダニ、雑草
琉生 ・・・ 大豆、パイナップル、たまり、カンジダ、アフターシェイブ、
       香水、ティーツリー、タマネギ、レモン、連鎖球菌


アレルギーのレベルに達していなくても、免疫力が落ちているとき、アトピーや湿疹などアレルギーの症状が出ているときなどは全てを摂取しない方がよいのだそうです。
特に私の場合、今は手あれや首の湿疹など、症状として出ているので、完治するまではこれらを全て採らない努力をした方がいいようです。
確かに、クッキーやマフィン、ジャガイモやパプリカなんかを食べたり、外食したりするとその日寝る前に異常にかゆみが出たり、次の日にただれていたりします。
また、琉生の反応があるものを私が食べていると、母乳を通して琉生に行くため、琉生の目の下や首などに湿疹がでていたり。。

また、子どもは食べ物の影響がもっと大きいので、Sensitivityのレベルであっても、何かしらの影響があるそうです。これらをしばらく遠ざけ、抗体を作っていけると数年経った後に食べられるようになるものも出てくるのだそうです。
ちょうどそろそろ琉生も離乳食が始まるころなので、詳しくわかってよかったです。

3人合わせると、食べられないものがだいぶできてしまいました・・・
レーズン、オレンジ、インゲン、椎茸、キウィ・・・好きなものばかりです。
わたしたち日本人家庭の食事では、大豆を採らないのはとっても大変なので、(しょうゆもみそも豆腐も納豆も・・・大好き家族のわたしたち、)ここだけは少し大目に見てもらいましょう・・・

早くこの手を治したい。子どもたちの状態をよくしてあげたい。
この一心で、ちょっと大変だけど、まあ気楽に、食について考えていこうと思います。
[PR]
by DaiyaAO | 2008-12-09 22:46 | まいにちのこと
<< とうちゃんのいない夜 アドベント〜待降節〜 >>