<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

凛お姉ちゃん

今朝は、遂に姉と弟がご対面をしました。
『凛お姉ちゃんよ~』
『よし、よし』
『ねんね~』
とすっかりお姉さん気取りです。
f0021873_14192065.jpg


そして、ママへお花をプレゼント。
『ママ、がんばったね~』
f0021873_19142566.jpg


昨晩、僕は誕生を祝って、約3ヶ月ぶりに一人で乾杯しました。
「綾ちゃんも琉生も、本当に元気で良かった~」
皆さん、お祝いのコメントありがとうございました。

タツ
f0021873_14312449.jpg

[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-31 14:34 | 育児のこと

無事に誕生しました!

f0021873_5295164.jpg


皆様お待たせしました。
5月30日(金)午後10時35分、大きな産声とともに元気な赤ちゃんが誕生しました!
身長52センチ、体重3540グラムの大物です。

これまでメルちゃん・Rくんと呼ばれていましたが、
正式に大友琉生(りゅうせい)
と名付けました。どうぞ、よろしくお願いします。

これから凛お姉ちゃんとご対面です。
綾ママは6月2日(月)までバースケアでゆっくりしています。

詳しくは、またご報告しますね。

タツ
[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-31 05:58 | 育児のこと

わたしの好きな時間

あいかわらずお腹の中で元気に動き回り、まだまだ外の世界に出る雰囲気がしないメルちゃん。キックが強すぎて、お腹の左側が「うっ」と痛む夜が続いています。かなり胎児生活を満喫しているようです。月曜日の検診で「もう今週には出てくるんじゃないかしら。」とミッドワイフ(この日ヒラリーは出産立ち会いのため不在でした。)も触診をしながら言っていたのですが、何ごともなくまた今週が終わりそうです。


f0021873_16264142.jpg
このところ、凛のお気に入りはメジャーのひも。今日はせっせとべいびーのお腹周りを測っていました。(おそらく検診のときにミッドワイフがママのお腹をメジャーで測っているのを見ているからでしょうか。)
「うーんと、じゅうにじゅうキロ。」??



ものづくり
[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-29 16:49 | 妊婦のとき

今日の父娘

今日は予定日でした。が、何の前兆もありません。
これはもう歩くしかない、と思い、買い物のついでに3人で2時間ほどぶらぶらと歩きました。でも、何ごともなく今日も終わりそうです。

メルちゃん、お腹の中が居心地いいのかな?
とにかく無事に、元気に、出てきてくださいね。

親子の会話
[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-25 18:44 | 妊婦のとき

ゆらゆらり

今日はミッドワイフ(助産婦さん)の検診でした。
予定日まであと6日。もしかしたら今日が最後の検診になるのかな・・・と思っていたのですが、どうもそうではなさそうです。
今日は「もし見てほしかったら子宮口がどのくらい開いているか見てあげるわよ。」と言ってくれたので、内診をしてもらいました。「今、ベビーの頭をさわったわ!」とミッドワイフ。メルちゃんは下がってきていて、しっかりと頭が骨盤の中にもう入っているそうです。
そして、子宮口は今のところ2cmくらいしかまだ開いていないということ。
「おそらく、予定日をちょっと過ぎるかもしれないわね。でも、もちろんそれは100%じゃないわ。いつ生まれるか予測できたら私はすでにお金持ちになってるわ!」というジョークも言いつつ、大ベテランの私のミッドワイフ、ヒラリーの診察は終わりました。
メルちゃんとのご対面はまだもう少しかかりそうです。

f0021873_20224362.jpg



メルちゃんへ
[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-19 20:47 | あかちゃんのもの

いもうと

メルちゃんのことではありません。

3週間前、わが家の下の階に小さな女の子家族が引っ越してきました。そこのママは偶然にもわたしのお友達。こんな偶然があるなんて!ととにかく大喜びだった私たち家族。
それから凛には妹のような存在のお友達ができました。
f0021873_2033336.jpg



シャノンは1歳5ヶ月。ほぼ凛と1歳違いの、ぱっちりおめめとカーリーヘアがとってもかわいい女の子です。シャノンが引っ越してきて凛の様子に変化がありました。
これまで、自分より年下の子へ積極的に関わってお世話するなんていうことがなかった凛ですが、シャノンと遊ぶようになって「シャノン〜、こっちだよ。」などど言いながら手を引いてあげたり、連れていってあげたりし始めました。(3週間たった今では、慣れすぎてそれが少し乱暴になってしまうこともでてきましたが・・・)凛にとってはこれは大きな成長です。そのおかげで、自分より小さい(と明らかにわかる)子への接し方が優しくなったような気がします。赤ちゃん好きもさらに増しました。
そして、まだまだ自分本位な凛に、かいがいしくシャノンもついてきてくれるのです。この歳なりの二人の関わり合いを、ときにはらはらしながら、でもほほえましく見守らせてもらおうと思います。

家にいてもシャノンが気になります。
「シャノンはなにしてるの?」
「シャノンと○○たべたんだ〜」
「シャノンのパパはどこいってるの?」という具合に。
そして、外から家に戻っていたときに、おうちを必ずのぞいてシャノンがいると自分のうちであるかのようにあがりこんでしばらく一緒に遊んでいます。
その間、「妊婦さんなんだから家でゆっくりしてて!」と快く凛を見ていてくれるお友達・・・
こんな身近にこんなふうに頼れる一家ができて、私たちにとってなんと心強い存在となっていることでしょう。。。
いつもいつも、本当にありがとう。

そして
[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-11 21:23 | りんのこと

あかちゃん、こんにちは!

一緒にベビーシャワーをしたお友達が先日、無事に出産しました。
前回は自宅での出産となってしまった彼女、今回はぜひバースケア(出産後の宿泊施設)のごはんを食べたい!という願いも叶い、約3時間のうらやましいほどの安産で元気な男の子を授かりました。
私たちも昨日、赤ちゃんに会いにいかせてもらいました。

身体のあちこちが痛んだり、眠れなかったりするときに「Hちゃんもきっと同じだからがんばろう!」とずっと励みにしてきたので、無事に出産したと聞いた時は自分のことのようにうれしかったです。本当に、何ごともなく無事に生まれてきてくれてよかった!

ベッドの上でスヤスヤと気持ちよさそうに眠っている小さな小さな赤ちゃん。
産まれたての赤ちゃんを見るたびに、ちょっと前までお腹の中にいたんだなと思うといつもいつも不思議で命って尊いなぁと思います。

みんなからたくさんの愛情をもらってすくすくと大きくなっていってね。
そして、今度生まれてくるわが家のベビーとどうぞ仲良くしてね。

わたしも、彼女と同じようにバースケアでのウォーターバース(水中出産)を予定しています。同じように何ごともないといいな。。
彼女に続いて、わたしも無事に出産できますように・・・


f0021873_205135.jpg

アンクルサムとお兄ちゃんに囲まれてすやすや・・・ずっと見ていても飽きません。


本当に本当におめでとう!しばらくは体を大事に無理しないでゆっくり休んでね。。。
大仕事、おつかれさまでした。
[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-05 20:12 | まいにちのこと

「ハロー」のおうち

2ヶ月前から行き始めたプレイグループ。
プレイグループとは、幼い子どもをもつお母さんたちによる育児サークルのようなものです。毎週集まって、子どもたちはそこにあるおもちゃなどで好きに遊んだり、手遊び歌や季節の行事等をみんなで楽しんだりします。
凛が2歳になって行き始めたのはシュタイナーのグループで、うちから近いシュタイナースクールの一角にある普通のおうちで毎週集まっているものです。

学生の頃からなんとなく興味があったシュタイナー教育。「テレビを見せない」「おもちゃは木などの自然のもの」「部屋はぼんやり明るくピンク色で」など、ちょっと変わった・・・というイメージが先行してしまうかもしれませんが、わたしにとっては、自分もこんなところで学んでみたかったな、とワクワクしてしまう内容がたくさんです。
子どもの教育、というより、人がいかにして自然と共生して生きていくべきか、という大きなテーマを、いろんな遊びや活動を通して自然と学んでいく教育、という気がします。
季節の移り変わりを感じ、自然に思いっきり触れ、人間も自然の一部で自然の恵みを受けながら生きていることに感謝しながら過ごす楽しさ、を知ることができます。

凛にとっては、みんなで手をつないで英語の歌を歌い、
大好きなフルーツ(毎回1種類の果物を持ち寄る。)を自分たちでカットして好きなだけ食べれて(男の子たちはあまり食べないので、凛が最後までねばって全て食べ尽くす。)、
食ベ終えた食器を自分たちで洗えて、
英語の手遊び歌を教えてもらえる楽しい時間、となっているようです。

ここで歌う歌がまた心地よいのです。ペンタトニック音階と言われる、レミソラシの5音階でできている歌は、とても単純なメロディーだけどなぜか心に残って家でも口ずさんでしまいます。グループのお母さんと子どもたちが歌う歌声がとても優しくて、それを聞くとなぜだか胸がジーンとしてしまいます。

カットした後のくだものの皮は、その家の庭にある「worm box(ミミズの箱)」に入れてミミズにいい土に変身させてもらいます。そして柑橘系のくだものの皮は別のコンポストへ。子どもたちはまだ3歳くらいなのに、食べた後の皮をどうするのか、その皮がどうなっていくのかちゃんと知っています。凛も大きなバケツの中のミミズが気になるようです。

そして私はというと、このグループのお母さん方にシュタイナーの歌や語り、ここの幼稚園のエンロールの仕方、シュタイナーの学習会の情報から、髪のケアはどこでやってもらうといいか、出産のときのこと、2歳児のときの様子、などなど・・・いろいろなことを教えてもらっています。6家庭ほどのとても小さなグループなので、全員のお母さんと毎回必ず話す機会があります。そして思うのは、国が違っても子どもを持つ親の心境は万国共通なんだな・・・ということです。みんな同じことで悩んだり喜んだりするんだ、と当たり前のことながら、改めてわかってうれしくなりました。

そんなわたしたち親子で楽しんでいるプレイグループもスクールホリデーに入ってしまいました。そのホリデーの間に、一人のお母さんがみんなをモーニングティーに呼んでくれました。

みんなでピクニック
[PR]
by DaiyaAO | 2008-05-03 18:58 | シュタイナーのこと