<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

魚の小骨

喉の奥にささってしまった魚の小骨のように、いつも頭の片隅でひっかかっていることがあります。
それは、環境保護のこと。

例えば、何かの過剰なパッケージの箱をリサイクルビンに捨てるとき(*注 オークランドは紙、ビン、カン、プラスチック類を市指定の大きなゴミ箱に一緒に入れて2週に一回出します。)、水を使いすぎてしまったとき、使い捨てのものを使ったとき、ああ、これでいいのかな・・・と思うのに、何もできないまま知らんぷりしてしまって罪悪感を感じることがよくあります。
そして、できる限り環境にやさしいことを心がけよう、と思いつつ、日々の忙しさにかまけてついつい便利な方を選択してしまい、また罪悪感・・・

ちなみに、今わたしが環境のために続けていることは、
☆買い物にいくときにエコバックをもっていくこと
☆化学薬品の入っていない洗剤や石鹸を使うこと(→これは自分の肌のためでもあります。。)
☆できるだけ生ゴミを出さないように、野菜や果物は丸ごと食べること。(→これは「一物全体」という考えからそうしているのですが、そうなると、有機野菜を買わなくてはいけない、という問題にもなります・・・)
☆そして、リサイクルできるものはリサイクルすること。
 ニュージーでは、この「Re-use Re-cycle」という考えがとても自然に根付いている国だと思います。
町の至る所に、洋服やその他のものをリサイクルして使ってもらうための入れ物が設置され、みんな使わなくなったものはそこにいつでも入れられるようになっています。


でも、それではまだ足りない、と日々の生活の中で反省させられることもしばしば。
このままでは、地球の未来はどうなってしまうんだろう・・・と不安になってしまいます。
自分ができることを少しずつでもやっていかなくちゃ・・・と気になりながら、ひっかかった骨が刺さったままで過ごしています。

そんな自分に喝をいれる意味も込めて、環境のことを考え実行できる活動を子どもたちに広めたい、という気持ちがむくむくと大きくなっていきました。

f0021873_83653.jpg


庭にすんでるハリネズミくん。


わたしのでっかい夢
[PR]
by DaiyaAO | 2009-06-22 09:00 | わんぱく塾

かお・かお・かお

琉生に、とお友達からクレヨンをいただきました。
真新しいクレヨンを見た瞬間、飛びついた凛。
それから、夕ご飯の支度をしているとき、後片付けをしているとき、家で仕事をしているとき・・・
私が何かしていると、ずっと絵を描き続けています。

f0021873_17292934.jpg
好きな色からどんどん短くなっていくクレヨンたち。


芸術は爆発だ!?
[PR]
by DaiyaAO | 2009-06-09 17:51 | りんのこと

小さな君へ。

親愛なる君へ。

一年前の5月30日、君はこの世に命を授かった。

たくさんの人に助けられながら、かあさんととうさんは
君の命の誕生に立ちあったんだよ。

3540gのちょっと大きめな赤ちゃん。
陣痛、その他のお腹の痛みの中産まれてきた君。
初めての男の子を抱いた日。
あのときからもう一年も経つんだね。
かあさんにとっては、あの日のことはつい昨日のことのようだ。

f0021873_1150697.jpg



1歳になって
[PR]
by DaiyaAO | 2009-06-01 20:41 | りゅうせいのこと