「わんぱく塾」補習校の会

昨日からこちらは新学期(ターム3)が始まりました。
先週のスクールホリデー後半には、会場を変えての「わんぱく塾」を再度行い、Titirangiの子どもたちとはまた違うメンバーでおもしろ実験を楽しみました。

f0021873_20265132.jpg



本日の「わんぱく塾」
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-07-21 20:50 | わんぱく塾

Ponyo

昨日、「崖の上のポニョ」を観に行きました。

ニュージーでは「International Film Festival」という映画祭が毎年行われ、世界中の名作が一気に見れる時期があります。
「崖の上のポニョ(英題Ponyo)」はSpecial Presentationという特別作品として上映されました。
ちなみに「おくりびと(Departures)」も来ています。(これも観たいけど・・・)
3年前もこのFilm festivalで「ハウルの動く城」を大きなお腹を抱えて観にいった私。
「Ponyo」はこのスクールホリデーのわが家の一大イベントでした。

f0021873_23545580.jpg



実はオタク。
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-07-14 01:16 | まいにちのこと

「わんぱく塾」Titirangiの会

おととい昨日と二日間Titirangiで“おもしろ実験ワークショップ”を行いました。
今回の「わんぱく塾」は『鏡』と『音』がテーマ。
延べ38人の子どもたちと一緒にこの二日間、またまた楽しい時間を過ごすことができました。

f0021873_2081197.jpg


タツの十八番実験、「モーターわたあめ」の一場面。缶ジュースの中に入っている砂糖の量を上皿てんびんを使って実際に計ってみました。


本日の「わんぱく塾」
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-07-11 20:30 | わんぱく塾

わたしのマフラー

今年の冬は例年以上に寒いオークランド。
朝、芝に霜が降りる日が何日も続き、夜は底冷えします。
ここでの6回目の冬にして、初めてHotty(湯たんぽ)を購入したわが家です。

風も突き刺さるように冷たい日もあるので、凛のマフラーを懐かしの方法で作ってみました。


f0021873_19451630.jpg



ペットボトルで作ろう!
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-07-03 20:03 | 手作りのもの

魚の小骨

喉の奥にささってしまった魚の小骨のように、いつも頭の片隅でひっかかっていることがあります。
それは、環境保護のこと。

例えば、何かの過剰なパッケージの箱をリサイクルビンに捨てるとき(*注 オークランドは紙、ビン、カン、プラスチック類を市指定の大きなゴミ箱に一緒に入れて2週に一回出します。)、水を使いすぎてしまったとき、使い捨てのものを使ったとき、ああ、これでいいのかな・・・と思うのに、何もできないまま知らんぷりしてしまって罪悪感を感じることがよくあります。
そして、できる限り環境にやさしいことを心がけよう、と思いつつ、日々の忙しさにかまけてついつい便利な方を選択してしまい、また罪悪感・・・

ちなみに、今わたしが環境のために続けていることは、
☆買い物にいくときにエコバックをもっていくこと
☆化学薬品の入っていない洗剤や石鹸を使うこと(→これは自分の肌のためでもあります。。)
☆できるだけ生ゴミを出さないように、野菜や果物は丸ごと食べること。(→これは「一物全体」という考えからそうしているのですが、そうなると、有機野菜を買わなくてはいけない、という問題にもなります・・・)
☆そして、リサイクルできるものはリサイクルすること。
 ニュージーでは、この「Re-use Re-cycle」という考えがとても自然に根付いている国だと思います。
町の至る所に、洋服やその他のものをリサイクルして使ってもらうための入れ物が設置され、みんな使わなくなったものはそこにいつでも入れられるようになっています。


でも、それではまだ足りない、と日々の生活の中で反省させられることもしばしば。
このままでは、地球の未来はどうなってしまうんだろう・・・と不安になってしまいます。
自分ができることを少しずつでもやっていかなくちゃ・・・と気になりながら、ひっかかった骨が刺さったままで過ごしています。

そんな自分に喝をいれる意味も込めて、環境のことを考え実行できる活動を子どもたちに広めたい、という気持ちがむくむくと大きくなっていきました。

f0021873_83653.jpg


庭にすんでるハリネズミくん。


わたしのでっかい夢
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-06-22 09:00 | わんぱく塾

かお・かお・かお

琉生に、とお友達からクレヨンをいただきました。
真新しいクレヨンを見た瞬間、飛びついた凛。
それから、夕ご飯の支度をしているとき、後片付けをしているとき、家で仕事をしているとき・・・
私が何かしていると、ずっと絵を描き続けています。

f0021873_17292934.jpg
好きな色からどんどん短くなっていくクレヨンたち。


芸術は爆発だ!?
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-06-09 17:51 | りんのこと

小さな君へ。

親愛なる君へ。

一年前の5月30日、君はこの世に命を授かった。

たくさんの人に助けられながら、かあさんととうさんは
君の命の誕生に立ちあったんだよ。

3540gのちょっと大きめな赤ちゃん。
陣痛、その他のお腹の痛みの中産まれてきた君。
初めての男の子を抱いた日。
あのときからもう一年も経つんだね。
かあさんにとっては、あの日のことはつい昨日のことのようだ。

f0021873_1150697.jpg



1歳になって
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-06-01 20:41 | りゅうせいのこと

MISO Soup

毎週火曜日はシュタイナーのプレイグループに通っています。
このプレイグループには、凛が2歳になりたての頃から行き始めたので、かれこれ1年半通っていることになります。
シュタイナースクールの中の一角にある普通の一軒家で行われるこのプレイグループ。
普通の家なので、とてもこじんまりしたグループで、だいたいいつも5〜8組の親子が集まります。
メンバーも、ほぼ変わりないので1年半も通えばすっかり顔なじみ。
凛もみんなの名前をよく覚えていますが、毎週顔を合わせているのに、これまでなかなか他の子と絡んで遊ぶことができませんでした。
凛の性格もありますが、やっぱり一番大きな壁は言葉。
英語がよくわからない凛にとっては言葉の問題でなかなかみんなの輪の中にすっと入ってはいけません。
幼稚園や学校に行き始めればきっといつかは自然と身に付いていくだろうと、わたしたち夫婦とも子どもの英語に関しては焦っているわけではありませんが、やっぱりちょっと心配でもあったりします。
おしゃべり好きの凛がお友達とうまくコミュニケーションがとれないことは何かとストレスなんだろうな・・・と思って申し訳なくなったり。


f0021873_21213174.jpg

「りんりんがたべさせてあげるよ!」と自ら琉生に食べさせてくれるしっかりもののおねえちゃん。りんりん、ママはいつも助かっていますよ。


凛の大きな一歩の日。
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-05-21 22:52 | シュタイナーのこと

パパのお誕生日

今日はタツのお誕生日でした。
数日前から凛は張り切ってパパへのプレゼントを作りました。
わたしも少しお手伝い。
そして、めずらしく、わたしはタツだけのためにケーキを焼いてみました。
(いつもお菓子といえばよそへ持っていくか凛たちのためだけに作られ、タツが食べられるのは味見程度のほんのおこぼれですので・・・)

晩秋のオークランド。
庭にある大きなサクラの木が、一枚一枚違った色で紅葉しながら葉っぱを落としています。

f0021873_18431151.jpg



パパへのプレゼントたち
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-05-18 19:08 | タツのこと

初節句

めでたい親方の初節句の5日は、初めてのタミーバグ(嘔吐下痢症)で終わってしまいました。
どこでかもらってきてしまったようで、先週、突然吐き出してしまった琉生。
2日間吐き、次は下痢に変わりました。
お友達に「1週間続くよ。」と教えてもらっていた通り、1週間ちょうど経つと嘘のように下痢がぴたっと止みました。
幸いなことに、その1週間、機嫌だけはよくて泣くことはなく、熱も出しませんでした。

f0021873_19143730.jpg



初めてのこいのぼり
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-05-07 19:43 | りゅうせいのこと

Farmers' Market

わが家の週末の楽しみの一つになっているのが、マーケットめぐり。
ニュージーランドでは、土曜日や日曜日になると、至る所でファーマーズマーケットやクラフトマーケットが開かれています。
月に一度のところ、毎週あるところ。アーティスティックなクラフト作品が並ぶもの、採りたて新鮮なオーガニックの食材がならぶもの。などなど、その場所によって雰囲気がいろいろと違うので、とてもはまっています。

今日はスクールホリデー最後の日曜日。
あいにくの雨模様でしたが、最近わたしたち夫婦のお気に入りの場所で行われたファーマーズマーケットにいきました。


f0021873_2021618.jpg



Farmers' Market
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-04-26 20:32 | まいにちのこと

Easter holiday

ニュージーランドは先週の金曜日からイースターの4連休。
トシコさんが今月の20日に帰国ということで、この連休はトシコさん、そして一緒に来ているお友達と一緒に2泊3日の旅行に行きました。
オークランドからまた出たことがないお二人を、ニュージーの旅の定番、ロトルアとコロマンデルにお連れしました。ロトルアは硫黄の温泉が有名な場所。わたしの療養を兼ねた小旅行となりました。


f0021873_1847873.jpg


900kmの旅。
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-04-14 19:18 | たびのはなし

ナイチンゲールとくしゃおじさんと。

おかげさまで、ようやく私の顔も元の形にもどってきました。
一時はどうなっちゃうんだ〜と不安でしょうがありませんでしたが、少し落ちつきました!

先日の日記の後、いいと言われることをいろいろと試しました。
鍼、デトックスのためにショウガ湯、皮膚の保湿にワセリン、そしてトシコさんと一緒に来ているベテラン看護士のお友達に分けていただいた抗アレルギー剤、などなど・・・

今は顔全体にまだ赤みがあって、乾いたり体が温まったりするとかゆく、腕や肩、首もそんな状態です。アトピーと同じ感じなので、これからも生活環境をしっかりしなきゃ・・・と思っています。
手荒れの方も、少しずつよくなってきているようですが、生活が乱れるとまた戻ってしまうようです。よく寝た次の朝はとても調子良かったり。
とにかく、完治できるようにがんばりたいと思います。

心配してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
みなさんの優しい気持ちにとても癒されました!
おかげで、心ぽかぽか、とても元気になりました。

f0021873_2221661.jpg



笑顔がビタミン剤!
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-03-28 22:55 | りんのこと

13日の金曜日のできごと。

いつもうまく文章がまとめられないわたしですが、今日はできるだけ簡単に・・・

それは13日の朝のことでした。

起きてみるとなんだかまぶたが重く、目がうまく開きません。
この感じ、なんだろう・・・
気になって鏡を見てみると顔の左半分がぱんぱんに膨らんでいます。
目は上下のまぶたの腫れでつぶれ、頬は真っ赤になって腫れ上がり、オイワさんのようです。
まさに13日の金曜日に出てきそうなゴーストのよう・・・
そして、首、腕、胸、背中と上半身にかゆみの強い湿疹が以前一度出たみたいにブワーっと出ています。

またアレルギー・・・

GPに電話し、その日一番に診てもらうことにしました。
顔左半分に冷やしたタオルを当ててGPに行くと、受付の人が私の顔を見て驚きの声をあげました。
「これは緊急だわね!急いで先生を呼んでくるわ。」
そして、いつも手荒れに鍼治療をしてくれるドクターも、「どうしたんだ!」と驚きの声・・・


f0021873_2011540.jpg
オークランドはすっかり秋の空。


拒絶反応
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-03-18 20:07 | わたしのこと

トシコさん

この夏、わたしにとって、2つの懐かしい再会がありました。
二人とも神奈川の小田原でダンスに情熱をささげていた頃の、第2の青春時代(と自分で呼んでいる)に苦楽を共にしたお友達。

一人はオーストラリア人のだんな様と結婚した友達。シドニーに数年前に移ってきたので、連絡がまた取り合えるようになり、12月の終わりに二人で遊びにきてくれました。実に6年ぶりの再会。
でも、彼女はまったくあの頃のままで、とてもほっとしました。明るくて気がよくついて、心優しい彼女。小田原のときからずっと仲良しのままの二人にまた会えて本当にうれしかったです。ちょっと厳しいレッスンも、毎日のように夜遅くまで一緒にがんばったよね。あの頃の思い出話に花が咲きました。今だから話せることもたくさんあって、充実したあっという間の時間。

そして次は3ヶ月語学留学をするお母様に始めの4日間だけ付き添ってきた友達。彼女とは偶然同じ日にダンスのレッスンを見学したのが縁で仲良くなったダンス仲間。先輩ママでもあって、ニュージーに来てからは年賀状とたまのメールでお互いの様子をやり取りしていましたが、今回は思わぬ形での再会で、うれしかったことと言ったら言葉では表現できません。

同じ時期に懐かしい仲間との再会。
数年ぶりなのにいつも会っていたかのように一気にあの頃に戻れて、とても不思議な感覚です。
同じことに向かって一緒にがんばっていた仲間って、そういうものなんでしょうね。
今年はそんな再会の年になるのかもしれません。



f0021873_5104985.jpg

昨日、総領事公邸で行われた毎年恒例のひな祭り会に行ってきました。一足遅れのひな祭り。今年も美しいおひな様にお会いできました。


「ねーねー、トシコさーん!」
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-03-09 12:04 | まいにちのこと

NZの幼稚園事情 その2

月曜日から木曜日まで、午後は幼稚園に行く、というリズムになってきたわが家では、8時半ごろ2人を寝かせていると、いつのまにか私まで寝てしまっています。
そして、ちょうどみんなが寝ついた頃、タツが仕事から帰ってきて一人の夕食。
気がつくともう朝だった・・・という毎日のパターンになってしまいました。
それだけ、みんな疲れてるんだなぁ。。

さて、今日は幼稚園のルーティーン(時間の流れ)のことを。。。

f0021873_2041354.jpg



キンディーの時間の流れ
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-02-26 21:35 | 育児のこと

NZの幼稚園事情 その1

ようやくシロちゃんが戻ってきました。
高い修理代とデーターの消滅を覚悟していたのですが、停電のショックで破壊してしまったある部品を交換しただけで、内部はまったくの無傷。
修理代もビックリするほど安くすみました。
これまで撮りためた写真とビデオが全て消えてしまったのでは・・・とそれが一番こわかったのですが、今回は免れて本当によかったです。
今後はこまめに他のディスクへの保存を心がけたいと思います。

さて、1月に無事3歳となった凛は、2月からいよいよこちらのキンディー(幼稚園)へ通い始めました。
NZでは、平均的にみんな3歳頃からキンディーへ通い始めます。
もちろん、幼児教育はキンディーだけではなく、デイケア(保育所のようなところ)、クレシュ(託児所)、プレスクール(フルタイムで幼児教育が受けられる場所)など、選択肢も様々です。
そしてモンテッソーリ、シュタイナーなど、特色をもった私立の幼稚園もたくさんあります。
凛の場合、シュタイナー幼稚園への入園を希望していて、そこは4歳からしか入れないことになっているので、それまでの間、ちょっとでも英語の環境に慣れさせようと、公立の幼稚園へ通うことにしました。

うちの地区の公立のキンディーは、わが家のとなりの道路沿いにあり、歩いていける距離という大変よい立地だったのですが、人気があって公立でありながら4歳になる子からしか入れないそうで、となりの地区にある車で5分ほどのキンディーに誕生日後すぐに入れることになりました。

NZでは、公立の幼稚園ではほとんどが、3歳児は午後のクラス(アフタヌーンキンディー)、4歳児は午前のクラス(モーニングキンディー)に行くことになっています。(そして、5歳になった子から小学校へばらばらに入学していきます。)

凛のこの午後キンディーは月曜から木曜までの12:45〜15:15の2時間半。
週4日行きたければ全て、月曜だけ行かない、週2日だけにする、などなど、親が行きたい曜日を決められます。(ここが日本と違うなーと感心してしまいました。)

さて、凛のキンディーライフは・・・

 
f0021873_21191821.jpg



キンディーの午後
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-02-18 22:14 | 育児のこと

愛しのシロちゃん・・・

わたしの愛用のマックが壊れてしまいました・・・
先週からキンディー(幼稚園)が始まった凛に合わせて、少し慌しくなった我が家。
電源を切るのを忘れてキンディーへ出掛けていたら、いない間に停電になっていたらしく、帰ってきたらうんともすんとも言わなくなってしまったわたしのマック(愛称シロちゃん)・・・
こちらは高電圧の上、こういう停電などの際はさらに電圧が上がってしまうらしいのです。
それで、復興した瞬間、付けっぱなしにされていたシロちゃんに高電圧がかかってしまい、どこかが壊れてしまったようなのです。
このマック、日本を離れるとき、退職金で買った、実は私の人生の中で一番高価なもちもの・・・
パソコンに詳しい友人が、「パソコンも生き物なんだよ!名前をつけてかわいがってあげると、ちゃんとこたえてくれるよ。」と教えてくれ、シロちゃんと名付けて3カ国を一緒に旅してきた同士です。
どうか、何事もなく戻ってきますように・・・

というわけで、今修理に出しています。
凛のキンディーのこと、琉生のこと、いろいろと書きたいことがたくさんなのですが、しばらくお休みしなくちゃいけないようです。
こちらの更新やメールの返信などが遅れると思いますが、どうぞご了承ください・・・
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-02-09 18:45 | わたしのこと

あそんで!おどって!わっはっは!

とうとう、待ちに待った「ファミリーコンサート」が2日間の公演を終えました。

これまで、たくさんの場所で子どもたちと楽しく「秘伝ラーメン体操」を踊り、その楽しさを伝えてくれたゆかPさん。
もちろん、まったくのゼロからのスタートだったけど、あきらちゃんとラーメンちゃんにオークランドに来てもらうために、約半年の時間の中で、ソーセージシーズル(こちらでは寄付金集めとして代表的な方法)を休みの日に売ったり、いろんな場所でバザーをしたり、古本市したり、チャリティーのファミリーコンサートやお話会を行ったり・・・と、人と人とのつながりを大切にしながらこつこつと活動を続けてきたゆかPさん。

2日間のコンサートにスタッフとして関わらせてもらい、これまでのいろんなことが走馬灯のように思い返され、コンサート中じわ〜と目頭が熱くなりました。
あきらちゃんとラーメンちゃんと一緒に「秘伝ラーメン体操」を、キラキラした目でニコニコ踊る子どもたちの姿を見て、さらに感動してしまいました・・・

ゆかPさんがわたしたちに伝えてくれようと思っていたのは、こんな楽しさだったんだ・・・
あきらちゃんとラーメンちゃんのテンポいい、最高の掛け合い。
子どもが大好きだという気持ちが、常に伝わってきました。
子どもが身を乗り出して二人の話を聞いてたり、思いっきり笑っている姿が端で見られてこちらもすごく幸せな気持ちになりました。
そして、思いっきり私も笑わせてもらいました・・・
こんなに笑ったのはどのくらいぶり?というくらいに。
そしてそして、素敵なメロディーを生のギターやキーボードの演奏、生の歌声で聞いてるとじわーとしてきました。
最終日はカメラ係として動いていましたが、ラストの手話つきで歌ってくれた歌(名前を忘れてしまった・・・)は、感動でうまくファインダーが覗けませんでした・・・

ここまで来るための道のり、決して楽ではなかったはずです。
だけど、無事にこの日を迎え、あんなに子どもたちが喜んでうれしそうに歌い、踊り、笑っている姿を見ることができました。
もちろん、お父さんもお母さんもみんな楽しみました!
そんな時間をくれたあきらさん、ラーメンさん、そしてゆかPさん、本当にありがとうございました!!!
わたしも何もできなかったけど、このコンサートに微力ながら夫婦で携われて本当に楽しかったです。

人との出会いって、やっぱり素晴らしいな。
歌が届ける感動にパワーをもらいました。

f0021873_23241038.jpg



ファミリーコンサート2days
[PR]
# by DaiyaAO | 2009-01-13 07:31 | 育児のこと

Happy Christmas!!

今日はクリスマス。
こちらはどのお店もすっかりしまっていて、町中はとても静かです。
こちらのクリスマスは日本でいうお正月のようなもの。
みんな実家に集まって家族みんなでわいわいとごちそうやワインに舌鼓をうちながら、のんびり楽しく過ごすようです。
そして、南半球のニュージーランドは、この時期夏真っ盛り。
クリスマスと言えば、みんなでお庭でBBQというのが定番です。

f0021873_16162533.jpg

クリスマスの今朝、最後のアドベントカレンダーのくるみを開けると、飼い葉桶に入ったイエス様が出てきました。
これで、クリスマスのストーリーが完成です。


凛はシュタイナーのプレイグループやこのアドベントカレンダーのおかげで、イエス様誕生のストーリーがとても好きになりました。
今日、赤ちゃんのイエス様に出会えて大喜びでした。


今年のクリスマス
[PR]
# by DaiyaAO | 2008-12-25 16:50 | まいにちのこと